AKG 3つの特徴

設立以来、AKGのプロダクトは世界中の音楽制作の現場で支持され続けています。
極めて繊細な音声信号まで聴き分けなければならないプロフェッショナルのために開発されたAKGのサウンドには、次の3つの特徴があります。

AKGサウンド 3つの特徴
1. 解像度が高く、クリアなサウンド  2. 中庸なサウンドバランス  3. 広いサウンドステージ

1解像度が高く、クリアなサウンド

音楽制作の現場において、どんな微細な音をも聴きもらさないために、ヘッドホンには高い解像度が求められます。そして、その一音一音がしっかりと聴き取れる音の透明感が必要です。AKGヘッドホンは音楽制作の現場の第一線でその要求に応えてきました。

解像度が高く、サウンドがクリアだと…… 解像度が低く、サウンドが濁っていると……
各楽器、ヴォーカルもはっきりと聴こえる。ライブ音源ならどの楽器がどの場所で演奏しているかまでわかります。 各楽器、ヴォーカルがはっきりと聴こえない。音楽全体にもやがかかったような聴こえ方になります。

2中庸なサウンドバランス

高域から低域まで実際の音楽情報を過剰に演出することなく、原音に忠実に再生します。アーティスト、エンジニアが本当に聴かせたい音楽を聴くことができます。

中庸なサウンドバランスだと…… 例えば、低音過多でバランスが悪いと……
アーティスト、それに関わるエンジニアが本当に聴かせたいと思う音楽情報を忠実に再現。いわゆるこれが「原音再生」です。 ベースやバスドラムなど、低音が他の楽器を消してしまい、本来聴きたい(聴かせたい)音が聴けません。

3広いサウンドステージ

実際の音楽をヘッドホンで聴く時点でサウンドステージはコンパクトになります。このサウンドステージを広く取れると、より本来の臨場感に近づいたサウンドで音楽を楽しむことができます。

サウンドステージが広いと…… サウンドステージが狭いと……
音楽が持つ生き生きとしたエネルギーを感じることができ、ヘッドホンをしながらでも現場で音楽を聴いているような感覚に浸れます。 音楽自体がこじんまりとしてしまい、本来の迫力がまったく伝わりません。
AKGの歴史 AKG 3つのシリーズ ヘッドホンの選び方